読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Living is not living.

東奔西走したくはないのだけれど。

(続)SHURE SE846

エイジングが進んで

色んな曲を、なるべく最大音量で鳴らしていた。エイジングという事には科学的根拠が無いという説もあるけれど、やはり購入当初より良い音になってきた気がする。
おそらく、自分の耳の方も、このイヤホンに馴染んだのもあると思う。
一番如実にエイジングを経て変わった印象は、中音域から高音域にかけての音のムラがなくなったというか、解像度が高いせいで、何となく曲としてのまとまりを感じれなかった曲もあったが、全体的にまとまった音になったと思う。

他の機種への憧れと、さらに高音質を

SE846を購入して、これだけ音楽の聴こえ方、感じ方が変わると、となりの芝生が気になってくる。
Amazonやe-イヤホンのレビューなどを読むと、思わずポチッとしてしまいそうな名機そうなものに出くわすが、ここは、まだせっかく購入したばかりで、これから一緒に音楽道を歩みたいと思っている中、他機種は財政的にも意欲的にも今のところ理性が勝って、このSE846をメインに他のプレイヤーやポータブルアンプでの音質アップの方を探ってみている。

高価なポータブルアンプ、そしてサイズや重量も

どんな機種があって、どんな文化になっているのだろうと、ポータブルアンプについて見聞してみると、結構というか、かなり高価な機種が揃っている。
SONYONKYOをはじめ、高音質を謳った機種が購買意欲をそそるが、一体全体どんな風に音質がアップするのか、見た目や仕様ではなかなか想像できないところ。
そして、気になるのがそのサイズである。結構それぞれ皆重厚で幅もあって、イージーリスニングはできそうに無い。ポータブルアンプを付けるなら、ながら視聴ではなく、がっつり集中して音楽を聴く、そんなスタイルが自ずと求められる気がする。
それはちょっと面倒くさいな、というのが今のところの所感です。

SONY WALKMANシリーズ

ハイレゾは確かに音質が違うのは体験済み。でも曲の容量は大きいし(1曲100MBほど?)、iTunesiOSのミュージックに慣れていると、音楽を聴く事に手間がかかる所感。
たとえば、音楽を聴くならWALKMANにしぼってしまえば、そんな煩わしく思う事も解消される気がするが、最近発売されたZシリーズも10万円を越え高価で簡単には買えない。
iPodが3~4万円で売られているのを考えると、とても高価な代物に思える。
せっかく、高音質のイヤホンを買ったのだから、更なる高音質を目指して色々足したくなるが、ここはもう少し静観して、このSE846のエイジング後の成長を楽しみ堪能しようと思っているところである。

田園 ベートーベン

クラッシック音楽

教養のある人のための音楽、ノッペ切らない退屈な音楽、などなどの勝手な理由から、ちゃんと聴く機会もなかった事もあって、むしろ敬遠さえしていた音楽ジャンルの1つ。
ベートーベンの「田園」を機会があって一聴した時、心の渇きが潤いを得ていく事を感じた。

「田園」だけ?

モーツァルトやバッハやリストなども聴いたことがあったけれど、また、音楽の教養的に学びとして無理矢理耳に入れようとした事もあった。
クラッシックはIQを上げてくれる。そんな流行情報にも乗って、試しに、苦行のように聴いた。
1週間はせっかくという意味もあって、頑張って聴いてはみたけど、ダメだった。続かない。
気づけば、いつものお気に入りの曲を聴いていた。
「田園」は聴いた瞬間、とても好きになった。聴いたことのあるフレーズに導かれて、曲の音風景を堪能した。

音の良し悪し

ちょうど、イヤホンをSHURE SE846に替えたこともあって、解像度の高いイヤホンは、クラッシック音楽に最適なようだ。
音の綺麗さは、原曲の持つものから、何倍かになったはずだ。
重層的な主旋律、クラブミュージックとは違った意味でのリズミカルな音の構成。
SE846で、好きな曲を聴くよりも、ベートーベンの「田園」が一番心地良かった。
それ以来、毎朝、窓の外の風景を眺めながら「田園」を聴かずにはいられなくなった。
今では1日に1度は「田園」を聴いている

ベートーヴェン:交響曲第6番「田園」

ベートーヴェン:交響曲第6番「田園」

SHURE SE215SPE-A 【カナル型イヤホン】

懐古録として

 

 

初めてのSHURE。耳につけSHURE掛けしてみる。感動。

低音が得意ということで、AIRの「6453」を最大ボリュームにして流してみる。
THE BACK HORNの「夢の花」はどうだろう、TIESTOの「Flight 643」は・・・
半端ない衝撃。低音を売りにしてるのは、広告の為じゃない。低音が量も質もファンタスティック。
決して膨張する低音じゃなく、シャープ。
高温や中域音をアシストするような低音の表現。
このイヤホンは、フィリップスの3000円ほどのものと比べると、やっぱり買いだっだと思う。
 
音質が格段に違う。音楽を聴くのが、こんなに楽しいとは!と、私ごとながら再確認できた機種。
ロックやダンスミュージックは、やっぱり低音がドンドン鳴っていないと、臨場感が味わえない。
それでいて、高音が潰されていない、喩えは下手で恐縮だが、泥の中から突き抜け咲き誇る蓮のような、そんな高音が主旋律を奏でている。
 
SHUREのSEシリーズでは安価な設定のSE215SPE-Aだけれど、最新機種に当たるから、付け心地や、ユーザビリティは他の機種よりも高い気がする。そんなレビューも他に目にした。
先日、SE846を買って満悦してるけれど、いつでも215に戻れるかもしれない。
 
青い機種のカラーも素敵。
この機種のコンセプトに、花束を捧げたい気持ち。 

 

iPad vs MacBook Air

iPadを使い始めて5年。MacBook Airは最近購入したばかり。
何かにつけて新しいものを使いたがるのだが、普段使いはiPadという事にいつの間にかなってしまった。
MacBook Airを買ったきっかけは、iPadに物足りなさを感じたからというのがあったが、
いざMacBook Airに触れていると、何か不便を感じるシーンをけっこう経験することになった。

タッチパネルが、こんなにも作業効率を良くするものだと、MacBook Airのキーボード操作の後、今こうして文章を打ち込んでいて思う。
文字の入力がローマ字打ちじゃないと、こんなにもサクサクはかどるものかと感心しているところだ。

昔は、マックにあるこんなアプリがiPadにもないかな?と探していたものだが、今やその逆になっている。
iPadのアプリを、同じような機能のものがないかと血眼になってググる
意外に見つからなくて、iPadMac並みかそれ以上のタスク処理をこなせる様になって、もはやワザワザMacBook Airを使うのは、奇をてらう様にしか自分でも思えなくなった。
アプリは明らかにiPadiOSの方が充実している。

どうしてMacBook Airが必要なのだろう?
DVDが観たいからだろうか。細かい設定を敢えてしたいのだろうか。ただの見栄なのか。

iPadに慣れすぎて、MacBook Airの価値が見えなくなっているのだろうか。。。

昨日は、NHKオンデマンドiPadからApple TVに飛ばして、ジョブズゲイツを観た。
マイクロソフトにはセンスが無い(自分にはある)」と臆面もなく、TVインタビューにて堂々と発言するジョブズ

同じタブレットでも、iPadだからMacBook Air(PC)を差し置いて、メイン機としての座に君臨しているのだろうか。
この使いやすさと、親しみは一体どこから来るのだろうか。

MacBook Air 1400/11.6 MD711J/B

MacBook Air 1400/11.6 MD711J/B

AOKI takamasa

かれこれ10年ほど愛聴しているエレクトロニカなアーティスト。

Rhythm Variation 01

Rhythm Variation 01

アルバム「Fractalized」をきっかけで聴き、一気に持って行かれた。音に陶酔する感覚を久し振りに齎してくれた、今でも毎アルバム追っかけるほど好きなアーティスト、音楽家。

Aoki Takamasa

  • エレクトロニック

「Fractalized」からのファンなので、他のフィジカルな作品群を聴いた時には、こっちが本望だったのか、と驚いた。

SND「Atavism」を愛聴していた時に出会ったAOKI takamasaさんの音源は、SNDに比べて割とポップに聴こえた。
SNDを聴きたい時は、AOKI takmasaを聴きたい時と重なる。

最新アルバムの「RV8」もかなり新鮮に好きなアルバム。
熱を帯びずに、ハイグレードに上がる音楽、AOKI takamasaは稀有な存在。

イヤホン SHURE SE846 レビュー

SE215とSE846

音楽にはこだわる派。
特に音源もそうだけど、イヤホンやヘッドホン、スピーカーで音がどれくらい違ってくるかわかった日から、自分の最適な音響設備を模索してきた。
SHURE SE846は、SHURE製イヤホンの中で最も高価で、約100,000円する。
今まで、SE215 special editionを1年以上使ってきた。
SHURE製はこの2つを所有。

愛聴してきた215から846に変えた時、すぐに感じた変化は、まず低音域の表現と、音場の広さだった。
215は低音を謳う機種だけあって、ダイナミックドライバーから表出される低音は当時圧巻だった。
特にハードロックや、テクノ電子音楽との相性は相当良く、聴いていて「ノレル音」という感じで、低音域は深くシャープにずっしり送られてくる。
いろんな曲をこのSE215で聴き直したものだ。
音質では他に勝る機種があるだろうと思いつつ、この215で音楽は楽しみ尽くせると思っていた。

魔がさして購入したSE846は、SE215とは次元の違うイヤホンと今では思って愛聴している。
聴けば聴くほど、このイヤホンの魅力がとても明らかになってくる。
音に限った事ではないかもしれないが、「普通」という事を表現することは、簡単では無いという事をあらためて教えられた。
最初は「えっ?」と思うくらい、SE846の音にはこれといった特色が無いように感じられた。SE215には「低音域」という明らかな主張の個性があって、また、それがとても洗練されていて、音楽を聴く楽しさ、テンション・気持ちをアゲるための音楽を!という大義名分が果たされていた。
それに対して、SE846は最初この機種が何を主張として個性としているのか分からなかった。大袈裟に言って、大金を払って購入したのに損をした、と後悔もした。

音楽は理論より体感

ネットでは賞賛のレビュー投稿が多く、その記事の中には煌びやかな文字が散見される。それに感銘を受けて、期待と希望に胸を躍らせて、高価なこのイヤホンと、ある意味音楽的に心中する為に、思い切って飛び込んだ。

なのにいざ聴こえてくるのは、いたって平凡な(フラットな)音の重なり。
音の解像度ということでは、ゼンハイザーのヘッドホンHD25で既知なので、最初は感動の対象とはならなかった。

ロックからテクノ、思い切ってクラシック音楽、ベートーベン田園を流した瞬間、「ああ、これは凄い音を出す機種だ」と実感した。
音場、音の空間が広々と広がってゆき、音の1つ1つがキラキラ際立ち、それが重層的に綺麗に折り重なって、1つの曲を構成している事に、今までには無い感動を覚えた。
音の強弱の、特に盛り上がっていくところで、膨らみすぎて破裂するのではないかという寸前のところで美しい音が鳴っている。
「田園」の重層的なメロディが、とても際立って美しく感動した。

SE846の最大の魅力は、やはり音の解像度の高さだと思う。
片方に4基ずつのBA(バランスドアーマチュア)型なので、当たり前と言えば当たり前だが、これには聴いたら分かるといった、理論では説明できない感動体験をもたらす、音1つ1つの際立った明瞭さには、理屈では無い美しさとしなやかさを感じる。

SE846らしさ

低音は深く、かといってボアついたりせず、鼓膜をドンと揺らすほどの圧がある音。
イヤホンでよく、高音域は〜、中音域は〜、低音域は〜といったレビューがされるが、このSE846ではそんな評価はあまり意味が無いと思う。
高音域・中音域・低音域が相まって、このナチュラルでいて美麗なサウンドをつくりだしているからだ。
1つの音楽体験としてどうか、という事であれば、このSE846は、このイヤホンで聴く音楽は総じて素晴らしいとしか言いようが無い。 素晴らしくなると言える。

繰り返しになるけれど、こんなに普通な自然な音が、これだけ贅沢で貴重な事だとは、このSE846を聴いて初めて分かった。

「Tuesday Wonderland」 e.s.t 【JAZZ】

現代ジャズの名盤

 

Tuesday Wonderland

Tuesday Wonderland

 

 

プレイヤーの風情と心意気が一音一音に深く刻まれている。

これを名曲と言わずに、何をか言わんや。
ドイツ人のトリオによるジャズ。爽快感もかんじるけれど、全編にわたって、どことなく憂い、寂しさが漂う。
 
ピアノは、1フレーズ的確に表現される無機質の中に、弾き手の尋常では無いセンシティブな感覚が入魂されている。
ドラムは、色気のあるリズムを奏でる。ハットなどの細かい演出が細部にあり、聴き手を飽きさせないというか、1つのメインメロディとして独立している。
ウッドベースの深いトーンがこの曲の厚み、深遠さを醸し出している。
全体的にマスタリングがとても優れているので、曲の複雑な意味性に引きずられず、爽快な音楽体験を堪能できる。