Living is not living.

東奔西走したくはないのだけれど。