Living is not living.

東奔西走したくはないのだけれど。

(続)SHURE SE846

エイジングが進んで

色んな曲を、なるべく最大音量で鳴らしていた。エイジングという事には科学的根拠が無いという説もあるけれど、やはり購入当初より良い音になってきた気がする。
おそらく、自分の耳の方も、このイヤホンに馴染んだのもあると思う。
一番如実にエイジングを経て変わった印象は、中音域から高音域にかけての音のムラがなくなったというか、解像度が高いせいで、何となく曲としてのまとまりを感じれなかった曲もあったが、全体的にまとまった音になったと思う。

他の機種への憧れと、さらに高音質を

SE846を購入して、これだけ音楽の聴こえ方、感じ方が変わると、となりの芝生が気になってくる。
Amazonやe-イヤホンのレビューなどを読むと、思わずポチッとしてしまいそうな名機そうなものに出くわすが、ここは、まだせっかく購入したばかりで、これから一緒に音楽道を歩みたいと思っている中、他機種は財政的にも意欲的にも今のところ理性が勝って、このSE846をメインに他のプレイヤーやポータブルアンプでの音質アップの方を探ってみている。

高価なポータブルアンプ、そしてサイズや重量も

どんな機種があって、どんな文化になっているのだろうと、ポータブルアンプについて見聞してみると、結構というか、かなり高価な機種が揃っている。
SONYONKYOをはじめ、高音質を謳った機種が購買意欲をそそるが、一体全体どんな風に音質がアップするのか、見た目や仕様ではなかなか想像できないところ。
そして、気になるのがそのサイズである。結構それぞれ皆重厚で幅もあって、イージーリスニングはできそうに無い。ポータブルアンプを付けるなら、ながら視聴ではなく、がっつり集中して音楽を聴く、そんなスタイルが自ずと求められる気がする。
それはちょっと面倒くさいな、というのが今のところの所感です。

SONY WALKMANシリーズ

ハイレゾは確かに音質が違うのは体験済み。でも曲の容量は大きいし(1曲100MBほど?)、iTunesiOSのミュージックに慣れていると、音楽を聴く事に手間がかかる所感。
たとえば、音楽を聴くならWALKMANにしぼってしまえば、そんな煩わしく思う事も解消される気がするが、最近発売されたZシリーズも10万円を越え高価で簡単には買えない。
iPodが3~4万円で売られているのを考えると、とても高価な代物に思える。
せっかく、高音質のイヤホンを買ったのだから、更なる高音質を目指して色々足したくなるが、ここはもう少し静観して、このSE846のエイジング後の成長を楽しみ堪能しようと思っているところである。