読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Living is not living.

東奔西走したくはないのだけれど。

(続続)Shure SE846

Shure SE846を使い始めて丸一年が経った。購入する時に、ハイエンドのイヤホンは一本だけ手元にあればいいと思っていたので、一生使い続けられるものでありますようにと願った。

結果は大正解。今のところ、また、これからもこのSE846と共に音楽ライフを楽しんでいく所存。

とにかく音のクリアさ(明瞭さ)と、定位のバランスの良さ、そして解像度の高い音を聴かせてくれるこんなイヤホンと出会えて幸せを日々感じる。

まさかイヤホン一本で、こんなに生活の中の楽しみが向上するなんて、一年間使い続けて本当にびっくりしている。SE215の音で結構満足していた自分が懐かしい・・・。低音が売りのSE215だけれど、SE846の低音はクオリティが全く違う。ただ低音が強調されるのではなく、高音・中音とのバランスの中で、曲を構成する一要素として丁寧に、そして深く鳴らしてくれる。

10万円を越える買い物だったけれど、それを365日で割ったら充分元はとれている。それどころか、お金の問題ではない、生活の豊かさにとても寄与してくれている。

 

こんなイヤホンを生み出してくれたShure社には、心からお礼を言いたい。

プロ中のプロの仕事に恐れ入っている。

 

ちなみに、イヤーチップはレビューなどを読んで、コンプライTS-100にしてみた。

http://www.amazon.co.jp/dp/B00DGNOKMW

このイヤーチップに変えて、音質がまた更にグッと上がった。遮音性は元より、装着感が抜群にいい。

長時間イヤホンを耳にかけている気が全くしない。

SE846ユーザーの方には是非一度試してもらいたいと思う。