Living is not living.

東奔西走したくはないのだけれど。

JayBird 【Bluetooth イヤホン】BlueBuds X レビュー

ワイヤレスに特化した音質と機能

 

様々なレビューを見ながら、約2年前に 初めて買ったBluetoothイヤホン。決め手は「音質が良い」というレビューがAmazonをはじめ多かった事と、8時間の連続再生のバッテリー持ち。デザインも良いと思ったからだ。

最初に言うと、僕はこのイヤホンをとても気に入っている。ワイヤレス・Bluetoothイヤホンを買い替えるなら、次もこのJayBirdの新機種シリーズにしようと思っているくらい。

手元に届いた時の第一印象は、想像以上・期待以上に音質が良いと感じた。

ただ、あくまでも「ワイヤレスイヤホン・カテゴリーの中で」ということ。でも実は、この割り切りが、恐らくメーカーも意図しての事だと思うが、この製品に功を奏している結果となっている。

「''ワイヤレスイヤホンの''高音質 」が実現している。

操作性も優れている

音質もさることながら、ワイヤレスイヤホンとしての操作性もとても良い。初回に必要なスマフォやタブレットとのペアリング(再生機に接続機を認識させて機能させる)もとても簡単。説明書を読むまでもなく、右側のコントロール部の3つのボタンの真ん中を長押しして、ONの作動音に続いて「ピピピー」と鳴ったら、再生機側の画面にBluetooth機器として名前が表示されるので、その名前項目を選択するとペアリング完了。一度ペアリングを済ませたその後は、イヤホンの電源を入れるだけで、直前に使っていた機器と自動的につながる仕組み。

複数の機器とペアリングさせていて、使いたい機器に接続する場合は、その使いたい機器でBluetooth設定の画面でこのイヤホンを選択すれば、「コネクション、スイッチ」という音声と共に、その機器とつながり使えるようになる。つまり、直前に使っていた他の機器との接続を解除する必要は無く、使いたい機器で選択すればいいだけ。この辺の微細なユーザビリティは洗練されている。

日常的に使うものだから、操作性は簡単、簡潔なモノがいい。このJayBirdのBlutoothイヤホンは、使いやすさの点では本当に素晴らしいと言える。スムーズに思った通りに使える。

そこそこの音質と優れたユーザビリティ

ワイヤレスイヤホンに期待する事は何だろうと初心に戻ると、何度も取り上げて書いているSHURE SE846並みの最上級の音質を狙う事はなく、音質は良いに越した事はないが、第一義はワイヤレスのシンプルな使い心地と、無線ならではの気楽さだと思い至った。

このJayBirdのBluetoothイヤホンは、そういった期待にほぼパーフェクトに応えている。

スマホタブレットの画面にバッテリー表示が出るのもこなれているし、8時間の比較的ロングバッテリーは重宝する。充電も右側のイヤホンヘッドの後ろがパカっと開閉し、マイクロUSBケーブルで充電するシンプルな仕組み。ロングバッテリーにも拘らず、イヤホンヘッドは大胆に大きすぎる事もなく、耳にスッと装着できる。

 今のところ、BluetoothイヤホンはこのJayBird製と、前投稿で紹介したWestoneのMMCXのヘッドが装着できるこの2つでいこうと思っている。

僕のイヤホンライフは、ちゃんと音楽と向き合って聴く時はSHURE SE846で。イージーリスニング兼ちょっとオシャレにはWestone製Bluetooth、忙しく煩雑さが嫌で楽チンが優先という時にはJayBird製を使いたいと思っている、そんな今日この頃なのでした。