読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Living is not living.

東奔西走したくはないのだけれど。

SENNHEISER HD25-1 II 【ヘッドホン】

ヘッドホンは、これ以上を求めない

ゼンハイザー 密閉型ヘッドホン HD25-1 II【国内正規品】

ゼンハイザー 密閉型ヘッドホン HD25-1 II【国内正規品】

ヘッドホンも長い旅の末、やっと自分の納得いくものに出会えた。それまで、SONYや他社のもので満足していたけれど、ふと、何かあるのではないかと、探し求めてこのゼンハイザーに辿り着いた。
参照したのは、Amazonのレビューと、Google検索で見つけた各々のレビュー。それでもやはり、購入して自分との相性を確かめないと、結局殿レビューも当てにはならない。レビューは喩えるなら、旅行をする時のガイドブックの様なものだ。
そして、着いた先で、情報以上か以下の感慨を、個人個人が持つ。アドベンチャーだ。
僕のアドベンチャーは、最終的にはどこかで落ち着くけれど、それまでには色んな情や投資ゆえの不安がよぎり、猜疑心も少々、というか、まず疑ってかかる性分だから、そのスパンは長く濃い。
僕のヘッドホン探しの旅、その終焉となった、SENNHEISER HD25。名機ゆえの理由を自分なりにまとめてみたい。

高精細な音の再現力と、緻密な設計

よく、イヤホンとヘッドホンは、どちらが音がいいの?という問いかけを聞くし、目にする。強いて言えば、安価なイヤホンと、高価なヘッドホンでは、後者のヘッドホンに軍配が上がる。高価なイヤホンと、安価なヘッドホンでは、前者の高価なイヤホンに軍配が上がる。
すなわち、イヤホンであるか、ヘッドホンであるかで、音の良さが短絡的に決まるわけでは無い。
では、同じくらい高価な(安価な)イヤホンとヘッドホンでは、音の良さが絶対的に比べて良い悪いが言えるのかというと、それもまた微妙で、一口にヘッドホンと言っても、それぞれ個性豊かで、同等のプライス・レベルのヘッドホンだからといって、音質が同等とも限らない。だから、イヤホンと同じく、自分に合った''ヘッドホン''に出会うのも、これまた至難のワザ、出会えたなら奇跡的なことかもしれない。

僕は幸運なことに、運命的なヘッドホンに出会えた。だいたい約4台目にして、やっと自分にとって、主役となって、音楽生活をリードしてくれるヘッドホンに出会えた。
HD25の特徴は、まずびっくりするくらい露骨なデザイン、配線が思いっきり出っ放し。プラスティッキーな質感。ヘッドホンとは思えぬ軽量さ。注文して、届いて箱を開けた時の、あのハズレくじを開けた時の様な、微妙で複雑な感動は、今でも忘れられない。まさか、このデザインのものが、こんなに良い音を奏でてくれるなどとは夢にも思えなかった。今になると、その嫌味で無いデザインは、着けている時の気持ちよさになっているのだが。
ちなみに、メーカーのSENNHEISERゼンハイザー)は、約70年の老舗。ハイエンドモデルは、ドイツの職人さんが1つ1つ手作りしてチューニングを施しているそう。
HD25は、ゼンハイザーのヘッドホン・ラインナップで、ミッドクラスに位置する。コスト・パフォーマンス、つまり、購入に当たって投資した(支払った)以上の、高付加価値を得られること、所謂コスパにおいて群を抜いて秀でている。
HD25は、名機と言われるだけあって、需要がずっと高いようで、Amazonにおいての販売価格の乱高下は凄い。僕が6年前に購入した時は、20,000円前後だった。さっき、Amazonの価格を見たら、30,000円を超えていた。リニューアル・モデルもリリースされ(HD25 Plusなど)、メーカー側としては、そちらの新しい方を推薦しているようだ。リニューアル・モデルは、改善が改悪か、実機を聴いてみていないので判断はつかないが、初期モデルがこれだけ価格が上がっていることを鑑みると、メーカー側の想いとは裏腹に、初期のHD25の評価が益々高まっているようだ。
僕の実感も同じで、HD25の個性の独立した完璧さは、1つの''イデア''として確立されている。チューニングも完璧。iPhoneやPCのOS(オペレーション・システム)の様に、もしヘッドホンにもアップデートがあったとしたら、どんな理由であれ、僕は迷わず「いいえ」を選ぶだろう。
HD25は、ヘッドホンにおいて、正に名機というに相応しいのである。

音の特徴をかいつまんでいうと、とにかく全域にわたって明瞭(クリア)。そして、僕は音楽は理屈ではなく「体感」だと常々そう思っているのだが、音が「気持ち良い」のである。モニタリング(音楽制作においての精緻な聴き方)に相応しい明瞭さかというと、ちょっとそれは違う。あくまでも、音楽鑑賞を楽しむ事においての明瞭さであって、高精細に分解して聴くことのできる音がクリアなヘッドホンは、HD25以上のものが確実にある。
されどもHD25は明瞭さだけではなく、高・中・低それぞれの音の主張、そしてそれらの合体したバランスは、どんな音源(楽曲)を聴いても、ブレることが無いし、安定した音の定位感(どの楽器がどこで鳴っているかが忠実に再現できていること)、ベース音の解釈と表現の仕方においても、とにかく素晴らしいのである。
青天の霹靂。驚きの後に感動している自分。買って良かったと心から思えるヘッドホンに出会えた喜び。それが、エイジングと共に、何と暫くは日々感動が高まっていくのである。
''エイジング''とは、簡単にいうと、使っているうちに新品だと鳴らなかった音、または、聴き取り辛かった音が聴こえるようになり、繰り返し電気信号が促通される事によって、本来のパフォーマンス・レベルに到達するまでの過程のことをいう。
エイジングは、1週間、1ヶ月、1年とも言われるが、エイジングの原理自体を否定する論考もあるので、注意していただきたいのだが、僕の体感としては、やはりエイジングの効果は有ると言わざるを得ない。
昨日より今日、今日より明日と、まるで日々ヘッドホンが成長しているようだ。音のクリアさは、どんどんクリアになり、定位間は益々(ますます)安定し、トータル(総合)の音質の''変貌ぶり''には、思わず天を見上げるか、近くにいる人を見て、鏡のように確かめたくなる程なのだ。

ほぼオールジャンル用途、迷わずオススメ

HD25は、音楽鑑賞において全ジャンルに合う。
ただ、クラッシックだけは、イヤホンもそうだが、もっとハイエンドを求めた方がいいと強くオススメする。
されど、HD25の器は大きく、どの楽曲を聴いても、満足に楽しめる。
ちなみに、よく〜回路の設計とか、何スピーカー・システム搭載など、メーカー側の、或いは音楽マニアの御託が列挙されるが、僕の経験則から言って、それをたとえ理解したとしても、実際に聴くまでは当てにならない。繰り返しになるが、音楽は「体感するもの」だと思う。ちなみに僕は、HD25や音響機器に限らず、特に服などがそうだが、たとえばセレクト・ショップに行けば、先に店員さんのフォローは聞かないし、パッと見ていいなと思ったら欲しいか欲しく無いか決めて、それから恐る恐るブランド・タグを見て、値段を見る。その後に、購入に際して店員さんから、その服にまつわるお話を頂戴するといったプリンシプルを持っている。小説や映画もそうだ。
つまり、直感で手に取り、結果的に感動したものは、そのナゼの詳細を後から知る、知りたくなるたちである。
(蛇足だが、村上春樹さんも全く情報の無い中で、書店でたまたま「風の歌を聴け」の文庫本を手に取ってからのファンだし(だったし)、村上龍さんもそう、映画「セブン」や「ファイトクラブ」、「ゲーム」の監督、デイビッド・フィンチャーも、後になって、それぞれの映画が同じ監督のものであると知った。)

そんな事を書いていると、この投稿記事自体が怪しくなってくるが、どうかご容赦ください。(って何にだよ!)
SENNHEISER HD25-1 II」もし、ヘッドホン選びで苦労されている方がいれば、必ずこの機種は候補に入れて、できれば他の同価格帯の別メーカーのものと聴き比べてみてください。もしくは、これを読んで頂いた中で、何となく価値が伝わってきて、欲しいかもと思ったら、ゼンは急げ、あなたの耳元に贈ってあげてほしいと思います。
というのは、僕の身近な知人だけで、2人がこのHD25を所有していて、彼らは僕と同等くらいに音楽を愛しているのだが、やはり絶賛していた。満足していると。そしてその満足の理由が全く共通しているのである。
ちなみに僕は、HD25とは末永く音楽ライフを共にする所存です。ハイエンドにも憧れるけれど、足るを知るで、今のところ全く他の機種に興味がありません。

末文ながら、掛け心地はあまり良くないです!側圧(両耳に当て顔を挟み込んだ時の特に耳で感じる圧迫感)は最初は痛くなるほど強く、使っているうちに、次第にある程度弱まりはします。でも、今でも連続使用は大体1時間が限度かなといったところです。アルバム一枚分を聴き通すにはちょうどいいかもしれません。リニューアル・モデルは、その辺が少し改良されているのかもしれませんね。僕の知った事じゃないですけれど。隣の芝生は青い。でも、それを確認するサディスティックな事はしない。僕はそういうタチ。親切ではないかもしれませんが、悪しからず。

SENNHEISER HD25-1 II 星4.5です。