Living is not living.

東奔西走したくはないのだけれど。

SHURE SE846 (改めて)

ハイエンドのイヤホンを改めて紹介。
ケーブル接続の、SHURE SE846。以前ご紹介したSE215が低音域に特化したモデルだったがSE846はSHURE社の持つ技術を総動員して作られた、フラッグシップモデルだ。

 

 

ハイエンドのイヤホンを購入、しかし


まず驚きなのは、イヤホンで値段が100,000円を超えるところだ。本当にそれだけ払って良い音を聴かせてくれる価値があるのか、やはり懐疑的になるのは当然だ。当の僕も購入にあたって様々なレビューを読み漁った。そのどれもが「SE846は音が抜群にいい」とお墨付きを与えていた。
僕はちょうど居住環境が変わる頃で、終始何もなさそうな施設に入るに当たって、何か1つ楽しみがあっていいだろう、音楽を聴いて一日中過ごそう。そう考えて高価なSE846を購入することに決めた。これまでの音響機器の値段とは桁が1つ違うのでとても勇気がいった。
正規代理店になっているAmazonで購入した。手元に届いて驚いたのは箱の大きさだ。イヤホンの箱とは思えない重厚感もある。おそるおそる開封してイヤホンを取り出す。(取り出してもらう)いざイヤホンが出てくると、耳に装着するイヤホン本体も大きい。iPadにつないで、耳に所謂SHURE掛けで装着する。そして、いざ音を流してみた。「ん?何だこれ、普通の音じゃん!?」これが僕の第一印象だった。
(でも実はこの「普通の音」を再生する貴重さは、計りし得ないものがあると後で気づく。)

 

音の明瞭さ、分解能の高さ

 

がっかり半分、それでも色んな音源を聴いてみた。ロックやテクノやポップス。やはりどれを聴いても普通の音だ。自分の中でハイエンドの製品をせっかく買ったのに、勿体無い気持ちでいっぱいだった。
次にクラッシック、ベートーベンの「田園」を掛けた時、突如このSE846の素晴らしさに気づいてしまった。とても、とてもナチュラルなのだ。鳴っている音が綺麗に分離し、聴きごごちがとても良い。ヘッドホンの様な音場の広さも感じる。伸びる音は伸び、止まる音は止まる。原音に忠実なのだ。「田園」の光が満ちていく光景まで思い浮かぶ。そして改めて他の曲たちを聴いてみたら、やはり、とてもとてもナチュラルな音。一切のチューニングを施してないかの様なクリアさ。音の分離がとてもいいので、どこから何が鳴っているかが手を取る様に分かる明瞭さ。
このSE846、高音・中音・低音にそれぞれ1つずつBAドライバーが付いていて、更に低音を補強するために、他とは混ざらない音が出る様、ローパスフィルターが付いている。だから、使っているうちにエイジングされ、低音域の表現が大胆に印象的になってきた。クラッシックは元より、オールジャンル聴いていて気持ちの良い音を聴かせてくれる。それも原音に忠実なある意味普通の音を。

 

一生使い続けられる、オールマイティな一本


振り返って今まで持っていたイヤホンが、どれくらいチューニングされ味付けされていたかが分かった。だから、本来は逆にそのことに驚かないといけなかったのだ。過度に高音が強調されたり、低音が極度にブーストされていたり、それで他の帯域の音が聴こえなくなっていた。でもこのSE846は、全帯域の音を満遍なく鳴らしてくれる。強いて言えば低音を強調している様にも聴こえるが、ただ低音がしっかりしていることによって、その上の音の鳴りがとてもいいのだ。後で気づいたが、最初、普通の音に聴こえたのは、このSE846のおそろしくクリアな高解像度によるものだった。とにかく原音をこれでもかと分解し、組み立て直して1つの音として聴かせてくれる。心底恐れ入った。

購入してから、約2年ほど使っているが、エイジングで音はどんどん良くなり、これほどの分解能を持ち、ナチュラルサウンドを聴かせてくれることに、大きな出費だったけれど、日割り計算で考えればと大満足している。他に目移りする機種も今のところ全くない。もしかして、ミッドクラスのSE535なとを買っていれば、やはりその上が欲しくなったかもしれないが、SE846はハイエンドで、その上は無いのだ。

ミッドクラスのものと、このハイエンドが、数万円の価格でこれほど音が違うとは思ってもみなかった。
SHURE SE846、心底恐れ入った。一生の宝物として大切にしようと思う。

SHURE SE846
星🌟⭐️🌟⭐️⭐️5つです

 

Shure シュア | SE846高遮音性イヤホン