Living is not living.

東奔西走したくはないのだけれど。

SHURE Lightning変換ケーブル DAP内臓

iPhone7からは、オーディオ端子が無くなり、イヤホンやヘッドホンもライトニング接続できるものか、ワイヤレスのものしか使えなくなった。
このケーブルは、ShureのイヤホンSEモデルのヘッド部分をこれに接続して、ライトニング接続でiPhoneiPadの音楽を聴けるように、という物。

 

 

DAPが内蔵され、ハイレゾ再生にはもってこい


SEモデルを使っていて、ライトニングしか接続部が無くなったiPhone7使用者にはよちろん恩恵が受けられるケーブルなのだが、実はライトニング接続できる端末を持っている人にも音質の面で恩恵がある。
ステレオミニプラグで接続する今までのアナログ方式より、ライトニングで接続するデジタル方式の方が、電気性能的にノイズも入らず、音質がいいのだ。
この細いケーブルの中には、DAP、デジタルオーディオアンプも内蔵されていて、48khz/24bitまでのPCM音源再生に対応しているので、ハイレゾ再生にはもってこいなのだ。
siriや再生を制御するコントロール部と、マイクも備わっており、アナログの標準ケーブルより使い勝手もいい。

さて、実際聴いてみた感じは、普通の標準フォーマット、AACなどを聴いている分には、その向上している要素はイマイチ分からなかったが、ハイレゾ音源を再生した時に、このケーブルの真価が発揮された。
音圧が上がり、低域部分が強くなり、解像度も高くなっていると感じた。アナログケーブルだと、音が濁っていた部分が明瞭になり、気持ちよく聴ける。
実はこのケーブル、本体代がイヤホン1本分くらいするのだが、それを差し引いても、このケーブルに変換して使う価値があると感じた。素晴らしい。

バッテリー消耗は最低限

難点があるとすれば、ライトニング接続ゆえに、充電しながら聴くといったことができない。ケーブルへので現供給はiOS端末からなので、バッテリーの減りが少々気になるところだ、使ってみた感じは、それほどバッテリーに負荷をかけていないという感じだ。

何よりイヤホンのヘッド部分を差し替えて使うので、今まで使い慣れたヘッドで、高音質が担保されたまま、更に音質が良くなるとくれば、このケーブルを使わずにはいられない。